議員Q&A


議会、議員関係


Q 議員報酬はいくらなの?
A 議員報酬は630,000円

議長  750,000円
副議長 685,000円

監査委員86,500円/月 農業委員会50,800円/月 

その他報酬
民生委員推薦会の委員 国民健康保険運営協議会 交通安全対策会議 環境審議会 中央卸売市場開設運営協議会 社会福祉審議会 障害者施設推進協議会 都市計画審議会 都市交通審議会 雇用問題審議会 行政改革審議会 青少年問題協議会の委員 各8,000円/日

Q 政務調査費って何? 使い道は? 領収書は?
A 政務調査費は調査研究に使う経費を議員に対して月150,000円交付しているもの。(地方自治法第100条第13項及び第14項)

使い道は研究研修費、調査旅費、資料作成費、資料購入費、広報費、広聴費、人件費、事務所費、交通通信費、事務費、その他の経費と規程されている。

領収書はすべて必要(1円から領収書)。

収支報告書を各議員提出するようになっています。

政務調査費で支出できない経費
・交際費的な経費(餞別、慶弔費、寸志、見舞金、広告料)
・後援会活動に伴う経費
・私的活動に属する経費
・レクリエーション等の経費(親睦会、宴会費、懇親会費)

Q 毎日何しているの? 休みはいつ?
A 自治会、地域の方々からの要望や問い合わせに対して訪問したり、調査したり、議会・市政の報告を行いながら次の議会に向けて毎日が勉強です。長崎市主催の行事にも参加する事で取組みやそこに参加する市民の方々と意見交換を行ったりもします。一番の仕事は年4回(1回20日前後)ある定例議会と各種委員会での審議です。議会では、各議員の一般質問を聞くことで、得意分野以外の情報、行政の動きを知ることもできますし、各議員の考え方を知る事ができます。
委員会では予算、決算の内容を総務、厚生、文経、建水という分野ごとに審議します。陳情や請願もこの委員会となることが多いので委員会が一番重要と言ってもいいのではないでしょうか。

休みは決まってないです。3倍がんばらんばけん…休みなんて言えません。でも体が資本なので疲れたら休むようにしています。